ラブホはいいよ

girl lying

風俗探しでお困りならば、宇都宮のデリヘルを使ってみてはどうですか?気持ちよくなれるお店が盛りだくさんですよ。

高級デリヘルなら新宿から迅速に派遣してくれる人気店がいいでしょう。美人から最高のサービスを受けられます。

男性のみなさん!中には自分の生活環境によっては、自宅にデリヘルを利用することが難しいという人がいらっしゃると思います。
実家暮らしだったり、すでに家庭を持っている人からすれば、自宅に呼ぶのはほとんどの場合無理だと思います。
そういう方には、うってつけの場所があります。
それは、ラブホテルでデリヘルを楽しむということです!
そうすれば、会社終わりに、少し遅くなると言うか同僚と少し飲んで来ると言っておけば、そのままラブホ街に繰り出して、ホテヘルやデリヘルなどの風俗を楽しめるのではないでしょうか?

ラブホテルでデリヘルを楽しむのはいいものですよ!なにせ、風俗で遊んでいるという実感が余りありませんからね。
ヘルスなどの風俗は、店舗に行って店舗内でプレイするので、どこかしら現実離れしていて、リアルな感情が付きにくいと思います。
まず、ホテヘルやデリヘルの風俗は、電話で予約や受付をすれば、とある目印になる場所で待ち合わせをして、ラブホテルに入るまでは、外でデート気分が味わえます。これはもう、リアルデートでしょう!
ラブホテルだと、周りの事を考えなくてもいいので声も普段より大きく出してもOKですし、設備もちゃんとしていて、しっかりと雰囲気も演出してくれます。
また、広いお風呂でイチャイチャ出来るなんて、至福の時ですよ!
これからの風俗は、ラブホテルでデリヘルを楽しむのが、一番いい選択だと思います。

浜松発のデリヘルでは不倫希望の人妻と背徳的なプレイを楽しむことが可能です。

デリヘルとは

girl touching the chest hand

デリヘルとは、デリバリーヘルスの略称で、風俗の一種です。その名の通りファッションヘルスのデリバリー型であるデリヘルは、自宅やホテルにいながらにして電話一本でデリヘル嬢を呼べるという、比較的新しいジャンルの風俗です。
電話で注文を受け付けるので、デリヘルは店舗を持ちません。なので、基本従業員とも接する事がないので、気まずいなあと思っている男性にとっては、楽に利用出来るシステムだと思います。

デリヘルで出来ることは、店舗ではないので、ラブホテルの設備や環境面に違いは出ますが、ファッションヘルスとおおむね同じです。
手コキや性感マッサージなどのソフトサービスから、本格的フェラチオや専門的プレイなどのさまざまです。が、本番行為は禁止ですので注意しましょう。
このような風俗で、したくなる気持ちはわかりますが、風俗でスマートに遊ぶのであれば、本番行為を意味する言葉を発するのは、品がないです。女の子にも、嫌われてしまいますよ。

デリヘルは店舗型風俗と違い、「自宅や、待っている自分のところに女の子が来てくれる」というプライベート感も味わえます。
この点が他の風俗と大いに違うところで、よりリアルの世界で会っているという感覚にしてくれると言えるでしょう。

ラブホテルで

sexy body

自宅でデリヘルを楽しむのも有りだとは思いますけど、少し気になるというか…という部分があるんですよね。

まず、お風呂です。だいたい、みなさんのお風呂は一人で入るのがギリギリぐらいの大きさしかない浴槽だと思うんですよ。
このような大きさの浴槽だと、女の子とお風呂でイチャイチャするスペースが無いので、別々に入ったりして待っている間の時間が、ものすごく勿体無いように感じます。
デリヘルでは指定のラブホを使うかどうかを、受付で聞いてきます。お店側は利用しやすく安いラブホの指定をしてきます。よければそこでもいいのですが、ご自分の気に入ったラブホがあれば、そちらを利用して方がいいです。知らないとこだと、意外に狭いとかありますからね。
ラブホでは、かなりお風呂も大きいので、ゆったりイチャイチャ出来たり、洗いっ子も出来ますし、お気に入りのホテルでジェットバスがあれば、一緒にジャグジー気分も出来て楽しいですよ。

そして、ベットです。
ギシギシと音が出るベットや、床に布団引いている方なら硬くて集中できないかもしれません。
ラブホのベットは、ちゃんとベットメイクしてくれたベットで広々と使えますので、様々なプレイが可能だと思います。
まあ、多少濡れても大丈夫ですよね。

楽しみ方

red lips

ラブホテルって、どんな時に利用してますか?
「そりゃ、彼女とデートのときに決まってるだろ!」という言葉が返ってきそうですね。
彼女とデートのときに使うなら、風俗でデリヘルを呼んだらリアルな恋人関係みたいにプレイできることです。
だったら、リアルなデート気分をラブホで演出しようではないか!

ここで書く話は、友達が風俗で仕事(送迎や事務管理)している人から聞いた実際に居た、お客さん達のお話です。
一人目は、ラブホ内で女の子と一緒に食事して、食事を楽しむ事をプレイの一貫にしている方です。その方は。ルームサービスを使ったり、宅配ピザを頼んだり、食材とアルコールを持ち込んで料理しながら食事をして、プレイはする時もあるし、しない時もあるという話でした。
家庭的な要素があった方が、よりリアルな生活も感じられていいのかなあと思ったりしました。

二人目は、ラブホを事前に予約しておいて、お気に入りの女の子を招いて、ドアを開けたらもの凄い装飾と大きなバラの花束と冷えたシャンパンが置いていて、一緒に雰囲気を味わったり、女の子の指名が上位に来たお祝いをしたりするそうです。
とってもダンディーな方で、ここまでするなんてすごく関心してしまいました。

このようにラブホでただプレイするのではなく、一緒に居ている時間を共有したり、空間や雰囲気を楽しむ事が、より風俗を楽しめるワンランク上のステイタスなのかなと思いました。